2007年11月14日

ユビキタス、さようなら

ユビキタス上場前日、アメリカの株式市場が大暴落で日本も。
そして、アジア、ヨーロッパと世界同時株安の再来。

IPO復活のきざしが、見えはじめてきた時だったのに・・・。
11月のIPOは、3連続で新規上場銘柄すべて公募割れ!

でも、ユビキタスはまさか公募割れはないと思ってはいた。
が、日経平均は年初来安値を更新しているし。
ホールド銘柄も、ほぼ安値更新!
ついつい、弱気に。

アメリカのサブプライム問題は根が深く、これからも
じわじわと、影響が押し寄せてくるような。

しかし、ユビキタスは前評判通りの気配。
上場日初日は、買い気配で値付かず。
売ろうか?
数年後には、株式の分割の期待もあるかも?
ユビキタスの今後の成長に期待して、売らずにホールド?

たとえ、期待通りに成長がなく損をしたとしても
公募価格は10万円です。

上場二日目の今日
初値近辺で売れば、今の含み損が減る。
けれど・・・さぁ〜て、どっちに。
でも、なかなか寄り付かない。
がまん出来ず、ちょっとパソコンの前を離れたら・・・

初値40万円!
寄っていた。
その後、下げたが初値に戻ったところで売れた。

とりあえず、良かったー(ホッ)。
これで、午後はとりあえず安心して出かけられる。

ユビキタスにさようならしてしまったけど、
今後のユビキタスには注目です。


posted by dream at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株長者への一歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。