2007年08月22日

気持ちの揺れ動く日々

株を買うタイミングのひとつとして、騰落レシオはチェックしている。

騰落レシオとは、
東証一部の日々の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数を用いて、
過去25営業日の値上がり銘柄数の合計を値下がり銘柄数の
合計で割った指数。

この騰落レシオが100%を超えると強気の相場。
120%を超えると過熱気味。
反対に、70%以下は底値ゾーンと言われる。

8月に入って、70%、60%、そして先週末は
50%台にも下がっている。
こういう、みんなが悲観的になるような時に買ってこそ
株で儲けられる。

騰落レシオはそう言っているけれど・・・・
みんなが悲観的になる時には、自分も悲観的になる。
反発すると、やっぱりあの時に買っておけば!
よし、次下がったら買おう!なんて、
何度思ったことだろう。

特に、サブプライム問題が起きたあと

でも、やっぱり怖くて買えません。
そんなに無理しなくてもいいじゃないか、そう自分に
言い聞かせる。
でも、リスクもとりに行かないと儲けることも
出来ないじゃないか・・・

そんな思いで揺れ動く日々。


posted by dream at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株長者への一歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。