2008年12月13日

アメリカ自動車ビッグ3と私

アメリカ自動車大手ビッグ3の救済案が、共和党が反対して
否決された。このニュースで、日経平均はまたまた大暴落。
(しかし、だんだん大暴落にもあまり驚かなくなった自分も
ある意味スゴイなと)

いくら経済にうとい私でも、アメリカ自動車ビッグ3が破綻
すれば、日本にも、いや世界中にどれほどの大混乱が起きる
だろう。もちろん、株投資をしている自分にも大打撃。

でも、・・・ 株投資もしていないとして、平凡な日本人の
一主婦としては、「救済せず破綻しても仕方ないのじゃないの」
と思うところもある。

その理由は、簡単に超わかりやすい例で言うと
「お金がある時には、給料は全部自分の自由に使いまくり
ぜいたく三昧。お金がなくなると、あちこちのローンを借り
まくる。そして、借金でどうにもなくなると今度は親や兄弟
姉妹、友人にお金を借りようとしているようなもの。

「お金がない!助けて!」と言っているのに、ブランド品を
着てブランド車に乗って、いつも豪華な外食・・・。
それでいて、「オレが自己破産したら、オヤジたち困るだろう!
アネキの結婚にだって・・・」となどと、逆ギレとも脅迫とも。

アメリカ自動車ビッグ3は、そんなどうしようもない男と同じ
ようなもの。そう思えてしまうんです。
そんな男、親がお金を出して助けてやっても本人の考え、
生活が変わらなければ・・・。
でも、親はそんな息子でも助けてやろうとするんでしょうね。


posted by dream at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。